診療案内

  • HOME
  • > 診療案内
  • > ドライマウス(口腔乾燥症)に対する処置

ドライマウス(口腔乾燥症)に対する処置


dry-mouth_1.JPG

ドライマウス(口腔乾燥症)とは唾液が少なくなり、口の中が乾く病気で、何らかの原因によって唾液 が出にくくなったりお口の中が乾燥して、様々な症状が生じることをいいます。

唾液の役割について

普段、正常なときに唾液の役割を意識することは少ないと思います。しかし、唾液は重要な役割をしているのです。例えば、食べる・飲む・話すなどの口の働きを助け、口の中を細菌から守っています。また、虫歯や歯周病を防ぐ役割も持っているのです。

ドライマウスの症状
  • 口がかわく
  • 口がかわいて話しにくい
  • 食事の時に飲み物が必要
  • 夜間、水を飲むために起きる
  • 舌がひび割れやすく、口角炎を起こしやすい
  • 虫歯や歯周病になりやすい
ドライマウスの原因
dry-mouth_2.JPG
  • 薬の副作用(降圧剤、抗うつ剤、鎮痛剤、制吐剤)
  • 精神的ストレス
  • 加齢による咬む力のおとろえ
  • 口呼吸
  • 糖尿病
  • 腎不全などの腎臓の病気
  • シェーグレン症候群

以上のような原因が考えられます。


ドライマウスへの対応
dry-mouth_3.JPG
  • 服用中の薬の変更
  • 保湿剤等の使用
  • 唾液腺マッサージ
  • 唾液腺周囲の筋肉を鍛える

dry-mouth_04.JPG

 

ドライマウスでお困りの方はお気軽にご相談下さい。