診療案内

こどもの虫歯と予防


こどもの虫歯と予防

子どもの時代の口の中の健康は、歯と口腔の将来に大きく影響します。

歯が1本でも生えたらしっかり歯磨きをするなど、小さい頃から歯や口の中の健康に気を配り、永久歯が生えそろうころには、お子様自身で歯の管理ができるようにしていくことが大切です。
また、ご家庭での管理だけでなく、虫歯予防のためや口腔内の健康のために、定期的な歯科検診をおすすめします。
当院では次のようなことに力を入れています。


 

歯磨き指導・食事指導

歯磨き指導・食事指導


年齢や歯磨きの好き嫌い、歯並びや食生活習慣などを考慮してそれぞれのお子さまに最適な方法をご提案させていただきます。

歯垢を染色して磨き残しのある部分をチェックしたり、仕上げ磨きの方法、歯磨き後のフッ素ジェルの使用、虫歯になりにくい食生活習慣などについてご指導致します。



 

シーラント (予防充填)

シーラント (予防充填)


シーラントとは、奥歯のかみ合わせ部分の溝を薄いプラスチック(レジン)で塞ぐ虫歯予防法です。
奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがありますが、シーラントで溝を塞ぐことにより歯の溝に虫歯が出来るのを防ぎます。
この処置は、乳歯や生えたての永久歯に効果があります。


 


 

フッ素塗布 (歯質強化)

44P-10.jpg


乳歯や生えたての永久歯は歯の質が弱いため、定期的にフッ化物を歯に作用させて歯質を強くして虫歯になりにくい歯にします。また、効果的にフッ素を作用させると初期虫歯も治すことができます。

 


 


 


定期健診

50P-01.jpg


お口の健康を保つために、定期的に検診を受けましょう
お子さまの歯並びやかみ合わせは日々変化しており、乳歯と永久歯が正しく交換していくことが正常な歯並びやかみ合わせをつくる上で大切です。また、乳歯の虫歯は気がつかないうちに進行してしまう事も多く、虫歯の治療をした乳歯は、永久歯との正常な交換が妨げられる場合がありますので、適切な時期に処置を行うためにも定期的な検診が有効とされています。