耳より情報

  • HOME
  • > 耳より情報
  • > ゲップ・おならで悩んだら 呑気症、歯科での治療も

ゲップ・おならで悩んだら 呑気症、歯科での治療も


ゲップ・おならで悩んだら 呑気症、歯科での治療も.png

[日本経済新聞朝刊2016年6月12日付]

無意識に空気をのみ込みすぎておなかの張りやおなら、ゲップが頻繁に出る症状が呑気(どんき)症だ。空気嚥下(えんげ)症ともいう。緊張や不安から首や肩に力が入ったり歯を食いしばったりすると、唾とともに空気をのみやすい。専門家は「病気の仕組みを理解して、歯科治療を含めた処置を考える必要がある」と説明する。

「固唾をのむ」という言葉があるように、不安や緊張で唾を飲む経験をした人は多いだろう。口の中が狭くなって舌が上顎に当たると、唾液が喉の奥に流れ込んで無意識に飲み込んでしまう。このとき、1回ごとに喉の奥の空気を3~5cc取り込んでしまう。頻繁に唾を飲むとおなかの中に空気がたまり、呑気症を引き起こす。

空気が原因なので、胃や腸を検査しても異常は見つからない。内科でガスを減らす薬や整腸剤などを処方されても効き目がほとんどない。

歯を食いしばったりかみしめたりして呑気症になる人が多い。胃腸の不快感のほか、顎関節や目の奥の痛み、頭痛、目まいを伴うときもある。

かみしめる行為が目立つ場合を「かみしめ・呑気症候群」と呼ぶ。症状の改善には、空気をのみ込む癖を直すのが先決だ。

大阪市に住む25歳の女性は歯科検診で歯のすり減りを指摘された。慢性的な頭痛や胃の不快感にも悩まされ別の医療機関を受診したところ、「かみしめ・呑気症候群」と診断された。寝るときにマウスピースを装着して歯ぎしりの癖を減らすよう意識するとともに、力みをなくすように努めると徐々に改善した。

かみしめ・呑気症候群を長らく研究してきた東京医科歯科大学元教授の小野繁医師・歯科医師は「食いしばったり歯ぎしりしたりすると、顎や首の筋肉が唾液腺を刺激して唾液分泌が多くなり、飲み込む回数が増える」と説明する。患者数の統計がなく実態が把握できていないが、日本人の4人に1人といわれる胃腸の不良の一因になっているとの見方もある。

呑気症になじみがないのは、医療機関で診断される例が少ないからだ。気になる症状で訪ねても、原因不明とされる場合も多い。

緊張や不安による不調は心療内科、歯の食いしばりは歯科、胃腸の不調は内科などと複数の診療科にまたがる症状が特徴だが、歯科での治療が基本となる。「医療関係者の間でも認知度が低い」と指摘する。本来は心療内科と歯科の連携が望ましいが、ほとんど実現していない

それでは、空気をのみ込む頻度を減らすにはどうするか。歯科では「スプリント」と呼ぶ器具を作り、日中や夜間に歯にかぶせる。上下の歯に隙間を空けて、食いしばる行為を意識できる。これだけで胃腸の不快感がなくなり、頭痛などの症状も改善する例が多いという。歯にかぶせる器具以外にも、日ごろから舌先を前歯の裏において口の中に空間を作るといった方法もある。

心理的なアプローチも効果が見込めるという。無意識のかみしめを防ぐため、よく目にする場所に「歯を離す」などと書いた貼り紙をして心がける。首や肩、顎の筋肉を緊張させたり緩めたりし、緊張を意識できるようにする。不安や緊張、気持ちの落ち込みが強い場合は抗不安薬や抗うつ薬などを処方する場合もある。

患者の多くはかかりつけの医療機関で「気にしすぎ」「原因はストレスなので趣味を見つけて発散しましょう」などといわれ、長く不調に苦しんでいる人もいるという。

大阪市に住む28歳の男性は大学受験を控えた高校生の時に急にゲップが増えた。数年間放置していたが、就職後に心療内科を受診し、胃腸薬などを飲んだが効果はなかった。

症状を自覚して10年後の今年5月から、ネットの情報を頼りに歯科クリニックにかかって治療を始めたところ、数日でゲップの量が減った。「ゲップが多くて困るのを歯科で治療するとは思わなかった」と驚く。

樋口院長は「病気を知っている医師なら適切な治療や歯科への紹介ができる。医療関係者の間で認知度を高めるのが課題だ」と話している。

[日本経済新聞朝刊2016年6月12日付]