耳より情報

お母さん!虫歯はお子様にうつりますよ


 

42P-01.jpg

まれたばかりの赤ちゃんのお口の中の虫歯菌(ミュータンス菌)はゼロです。では、なぜ虫歯ができるのでしょうか??

 

虫歯菌(ミュータンス菌)は人の口から口へと感染していきます。中でも母親から乳幼児に感染するケースが多く、 生後6ヶ月から3歳ぐらいまでのあいだがピークといわれています。特に生後1才半~2才半の間は最も感染しやすい時期です。

この時期は離乳期にあたります。赤ちゃんは自己免疫力がまだ発達しておらず、また、母親からもらっていた母乳中の免疫もなくなってしまう時期なのでミュータンス菌に感染しやすくなっています。

赤ちゃんは生後6ヵ月ほどで歯が生え始めます。離乳食を与えるときに赤ちゃん用のスプーンで味見をする習慣がある場合、要注意。お母さんの唾液に混じった虫歯菌が、スプーンを介して赤ちゃんの口にも移ってしまうのです。また口移しで食べさせることはもちろん、愛情表現としてのキスの習慣、お母 さんが使ったお箸で食べ物を与えること、コップの回し飲みなども感染の原因としてあげられています。しかし虫歯菌は回でうつるのではなく、これらの行為を頻回に行うことによって赤ちゃんにうつります。

感染のリスクを低くするには、お母さんが持つ虫歯菌の量を減らすことも重要です。そのためには、お母さん自身がお口の中に関心を持って正しくメンテナンスを行うことが、お子様の虫歯予防につながります。